島根県仁多郡奥出雲町を中心に、住宅建築や店舗・施設建築・住宅リフォーム・古民家再生を行っている松崎建築/さくらリフォームです!
当社の家づくり
設計・プランニング
10のポイント
メニュー
営業エリア
当社より1時間以内に訪問できるエリアに限定させて頂いています。
島根県仁多郡(奥出雲町)、雲南市、安来市(旧能義郡含む)、東出雲町、松江市、鳥取県日南町

仁多米ショップへ

スタッフブログ
赤レンジャー
ここは松崎隆利のブログです。
隆利(兄)ブログ
好明(弟)ブログ
真由美(兄嫁)ブログ
リンク集

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | - | - | - | by スポンサードリンク

奥出雲たたらと刀剣館の中の天秤ふいご。

先日完成を、ブログにも紹介しましたが、
体験される方の転落防止対策として、チェーンを取付ました。

↓↓↓

天秤ふいご

合わせて、風の出方も調整しました。
是非体感に来てください。


更に、こちらは手押し式の『吹差ふいご』

↓↓↓

吹差ふいご

風が出ると、パイプの中のピンポン玉が上がる様になっています。
この透明のパイプが、最初は50センチ程度しかありませんでしたが、
今度は2mに延長。赤↓のピンポンが見えますか?
これも、わかりやすいですね〜


先月から製作していました、奥出雲町の『たたらと刀剣館』の中の
天秤ふいご 本日検査を受け、了解をいただきましたので、ご紹介します。

天秤ふいご

これが、天秤ふいごです。
中央の、ペダルを交互に踏むことにより、横の吹き出し口より風が出ます。

中央で、踏んでおられる方と比べると
その大きさがわかります。

実際使われていたモノには、階段はありませんが、
体験できるように階段と踊り場が取り付けてあります。

是非見に来てください。
館内の展示もリニューアル、シアターも併設しています。


たたらと刀剣館

奥出雲町のたたらと刀剣館の中にあった、レプリカだった天秤ふいご
『かわりばんこ』の語源になったとも言われている様です。



それを実際に体験できるものに改造する。


そんな仕事をさせて頂きました。
半月の夜間作業を含めて約1ヶ月半。
なかなか大変な作業でした。


住宅を作るような訳にはいきません。
はっきりした設計図があるわけでもなく、実物の展示品を
参考にしながら、それをレプリカの大きさに合わせて設計・施工。


本日完成しましたが、予想通りの仕上がりとなりました。
うまくいくとは、思っていますが、それを形として見ると
感無量ですね〜。


写真も許可がもらえれば、是非掲載したいと思います。
存在感バッチリですよ(#^.^#)


ふいご

天秤フイゴ製作も、いよいよ大詰めです。
本日は、塗装工事に入りました。

当初予定よりも、変更箇所も出てきましたので、
まだ若干の木工事が残っていますが、
ほぼ完成してます。


そして、太陽光発電の工事も2件控えています。
太陽光もまさにこれから、もっとも良い季節になります。
快適な発電ライフを送れる、ベストな提案をさせていただきます。

あわせて、4月8日(日)の勉強会も再度お知らせします。
光熱費を月に2万円以上払っておられる方は、
聞かない手はありませんよ。

詳しくはこちら →→(クリック)


復元製作中の天秤ふいご

天秤ふいご

工事の様子は、あまり公開できないので、ちょっとだけ・・・。
現在、天秤になる振り子になる部分を製作しています。

何といっても、通常の建物と違い、度々作るものではなですから。
調整も難しいですね。

モノづくりは形ないものから、だんだん出来てくるのが、本当に楽しみです。
あと1週間の工程ですから、間もなく完成です。


たたらと刀剣館

こちらで、仕事しています。
施設の中にある、『天秤ふいご』と呼ばれる、たたらに使われる
送風装置の工事をしています。

4時前まで、今日は再生エネルギー活用セミナーをやっていましたが
終わると、現場の様子を確認に行きました。

工事は、順調ですが、動きを確認しながらの作業となりますので
なかなか大変ですが、やりがいがあります。

完成が楽しみですヽ(*⌒∇⌒*)ノ


今月半ばから製作していた、『ふいご』が完成しました!!

最終的には塗装をします。

製作中の記事(こちら)

ふいご


上の斜め部分の板の 赤い矢印部分 を

交互に踏むと 青い矢印部分より風が出てきます

上の蓋部分の端っこは、弧をえがきますので

空気が漏れないように、曲面になっています。

右に踏んでも、左に踏んでも同じ強さの風が出てきます。



たたらの炉に風を送るためのふいご。

何時間もこれを踏み続けるんですから相当な体力が
必要ですね!!

事務所前

今日も外は雪が降っています。

今の所そんなに積もりそうな降りではありません。


ふいご

製作しているのは、足で踏みながら風を送ることが出来る、踏みふいご。
空気が漏れないように、木材をつなぎ合わせながら組立てます。

つなぎ目は相手の木に溝を彫り、はめ込みます。
簡単な木箱の様に見えますが、技術が必要です。

特に、これから製作する可動部分は、微妙な調整が必要です。
どんな形になりますか、お楽しみに!!


天気が冬型になり、各地で雪が降っています。
現在外は、降っていませんが、明け方にどうなるのか心配です。


材料

たたらで風を送るための、装置 踏みふいご の製作にかかります。
図面どおりに、機能するか?

試作品で検証した結果、OKと言うことで
本製作です。

仕上がりが楽しみです。

木次

材料を仕入れに行った帰り道。
今日の木次はこんな感じでした。

そして、我が奥出雲町は ↓↓↓

奥出雲

いやあ、別世界ですね!!

真正面の山は、ヤマタノオロチ伝説で有名な、
船通山(せんつうざん)です。

昨年山頂に、新しいトイレが出来ました。
材料は、ヘリコプターでの輸送だったとか・・・。
見てませんが、いいのが出来たでしょう。


今日来られたお客様が
『あの加工場で作ってる箱みたいなものは、何?』
と聞かれましたが

現在秘密の箱を作っています。

正確には、試作していますが、
風を送る、ふいご と呼ばれるものです。
(たたら製鉄で使われていたものです)

古い資料を見ながら、再現しています。
(写真は掲載できませんが・・・)


試作が完成し、実際に動くか?風を送れるか?
試運転。

とりあえず、監修を受けました!
OKが出ましたので、これより本製作にかかります。


昨年の春にも、違った ふいごの製作をさせていただきました。
そうそう製作するものではありませんが、

どうすれば良いか?図面を書きながら、試行錯誤。
実に楽しい。

後はさすがに、大工職人です。
きちんと形にしてくれました。

家を作るのが仕事ですが、
こういった仕事もやりがいありますね♪(゚▽^*)ノ⌒☆


<< | 2/3PAGES | >>
カレンダー
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
最新記事
コメント
カテゴリー
アーカイブ
ブログ内検索
mobile
qrcode
others


ページトップへ戻る